若村麻由美 公式BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS エベレスト・富士山同時清掃

<<   作成日時 : 2011/04/24 01:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

この時期…
本日4月23日、悪天候にも関わらず、東は富山・茨城、西は大阪から、6才〜70才代の方々が、ご自宅を早朝に出発されヤル気で集ってくださった!

ああ…
それなのに(T-T)
今回の清掃場所、富士青木ヶ原樹海に大雨・雷・洪水注意報が!

現地状況を確かめに行き、ギリギリまで粘ったが強い風と横殴りの雨は激しくなるばかり…
富士山清掃隊長として苦渋の決断を迫られ、NPO富士山クラブや野口健事務所の皆さんと検討の結果、清掃を断念せざるを得なくなってしまった。
楽しみに参加してくださった皆様、本当にごめんなさい(>_<)

12時半、参加者の皆様のご理解をいただき、懐かしい木造校舎「もりの学校」で、富士山の環境保全やゴミ、これまでの清掃成果などをお伝えした。

画像

エベレストベースキャンプにいる野口健隊長とのテレビ中継も成功。
2006年からの同時清掃の成果を聞いた。数年前からの地元の方達の意識変化は知ってはいたが、ベースキャンプ付近のゴミもほぼ無くなったと聞き、驚いた。
http://www.noguchi-ken.com/Pillar/004.html
http://www.fujisan.or.jp/Action/think/results.html

現場に足を運ぶこと。続けることの大切さを改めて実感した。

やはり、今日清掃活動をしていただけなかったことは本当に残念だ…

帰りの中央フリーウェイで、うっすらと現れた虹を眺めながら、「雨でもヤル気で来ました」と帰り際に言ってくださったうら若き女性達を思い出し、次回こそはと誓った。

この時期の雨は耕雨と言うそうで、農作物や森を育ててくれる恵みの雨。大切なのは、自然と共に…自然に準じてということ。
清掃は残念な結果ではあったけれど、この活動にとっても、もう一段階高める為の機会を与えて貰えたと考えたい。

来年のヒマラヤ・富士山同時清掃は勿論だが、富士山での野口・若村同時清掃なら年内に実現出来るかもしれない。

今回の参加者の皆さん、再会を願っています。お疲れ様でした(^-^)

(NPO富士山クラブ公式サイト)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

エベレスト・富士山同時清掃 若村麻由美 公式BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる